熊本の小さな小さな個人塾

熊本の小さな個人塾の日々

スポンサーリンク

大手塾の良さ!仕事としての学習塾とは?

こんにちは!kumajukuです!

 

今日は、仕事をする側としての個人塾の良さをお伝えします。

私は、以前大手学習塾(塾関係者なら誰もが知っている名前です)に勤務していましたが、思うところがあり、退職し個人塾を開きました。

 

大手学習塾では、トップとまではいきませんが経営陣の端っこに座っていたので、大手のメリット・デメリットも十分理解しているつもりです。

大手に居る時もそれなりに楽しかったんですが、人生の充実度でいうと、今の方が100倍充実しています。

 

就職先の候補として学習塾を考えている学生さんなどには、参考になるんじゃないかなぁ…(まぁ就職先としては、学習塾はオススメしませんよ。特に今からの時代は)

 

f:id:kumajuku:20170608145827p:plain

大手塾のメリット

1.安定している(これからは不透明な時代に突入ですよ)

大手の学習塾は経営面で安定しています。

給料・ボーナスが決まった日に出る…というのは個人塾からみたらうらやましい限りですね。個人で仕事していると、売上が芳しくない…来年度どうしよう…など、経営面の悩みは尽きません。

仕事がイマイチでも最低限の生活は送れますので、生活面の不安は解消されますね。

(あっ私は大手時代より2倍とは言いませんが…1.5倍以上の給料にはなりました。ハイ)

 

しかし、今からは厳しい時代に突入しますよ。

子どもの数は確実に減っていきますので、生き残るためにはかなり苦労する大手塾が増えてくるのは間違いありません。

事業縮小や、教室閉鎖、企業同士の合併、生徒の取り合いが激しくなっていきます。

(大手の企業合併はひと段落といったところですかね)

 

2.福利厚生がしっかりしている(ことが多い)

一昔前は、大手でも福利厚生は適当だったところが多かったんですが、最近はきちんと整備されてきましたね。

学習塾といえば、「ブラック企業」の代表的なモノでしたが、勤務時間・休日などしっかり管理している会社が増えてきています。

 

3.目標とする先輩がいれば、速く成長できる

新人の頃は、とにかく目標とする先輩を見つけて、その人に近づけるように努力することが大切です。

大手は多くの様々な人がいるので(変わった人が多いのも、この業界の特徴ですが)、必ず目標となる先輩を見つけることができるでしょう。

 

4.マンパワーを活用できる

大手は人数が多いので、大きな仕事を分担したり人海戦術など成果を出しやすいことがあります。

部署や地域をこえたつながり(特に同期のつながりって強いですね)ができる楽しさもあります。

社員旅行や行事など、大人数で楽しめるのもいいところですね。

 

5.会社のしくみを学ぶことができる

会社組織に属していたら、面倒くさいことも多いですが、学ぶべきポイントもあります。

集団のなかでの立ち振る舞い、組織の動かし方、上司・部下への対応、立場が上になれば経営面での勉強…など、学べることは数多くあります。

f:id:kumajuku:20170608152724p:plain

大手塾のデメリット

1.出世が遅い

これからの学習塾(特に大手)は急成長…というのがなかなか望めないので、出世が遅くなる場合があります。

一昔前の塾なら、1年ごとに出世していくことが当たり前でしたが、これからの時代は難しいでしょう。

当然能力があれば出世も可能でしょうが、大手でドンドン出世できる能力があるならば、個人的には「独立した方がいいじゃん」と思いますね。

 

2.給料が上がりにくい

上と関係する内容ですが、学習塾は給料がいい…とは言えない業界です。

出世しないと、給料もそんなに上がりません。

若い時はいいですが、結婚して、子どもが生まれて、その子どもが高校・大学へ…となると、生活面での厳しさが現実的になります。

本当に独立して良かったのはお金の面ですね。

 

3.動きが遅い

大手は、新しい方針が決まっても動き出すまでは時間がかかります。

会社組織としてはいたしかたないと思いますが、新方針を考え→会議で許可を得て→実験・検証・修正を行い→会議で最終決定し…などなど、気の遠くなるような時間がかかります。

上司・同僚・部下に納得してもらう作戦や資料作り・他人の良い意見を取り入れたり…など、自分が鍛えられる面もありますが、いかんせん時間がかかりすぎます。

今の私なら、「あっこれやろう」と思ったら、その日から出来ます。失敗したら「次の日はこうしよう」…と毎日が「カイゼン」の日々です。

 

5.無駄な時間が多い

組織の属していると、本当に無駄な時間が多すぎました。

 

まず会議…「なんでそんなに会議が必要なの?」と常に思っていました。

社訓の唱和から始まって、(意味のない)提出することだけが目的になっている資料・くだらない報告会…本当に会議って無駄でしかありませんでした。

「メールでいいじゃん」ってな感じです。

 

日々の仕事でも無駄だらけ…

詳しくいうと会社が特定されるので書けませんが、授業以外の仕事の大半は無駄でした。

無駄な仕事もいやでしたが、「仕事しているふり」をしないといけないのが何よりも苦痛でした。

もっとするべきことがあるのに、「無駄な仕事」をしている「ふり」をしなければいけませんでした。

 

今は無駄な仕事から解放されて、ストレスは0に近づきましたね。

 

 

5.組織に埋没する

みんなで何かをするのが好き・上司からの指示が苦にならない:ずっと下っ端でいい、という人ならいいのかもしれませんが、大手にいると組織の中に埋没していきます。間違いありません。

最初は「出世するぞ・ナンバーワンの講師になるぞ」など、高い志をもっていても、毎日の業務に押しつぶされ、面白味のない日々を送ることとなります。

 

 

以上、大手塾のメリット・デメリットです。

次回は、個人塾のことを書こうかなぁ。