読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本の小さな小さな個人塾

熊本の小さな個人塾の日々

勉強の才能!

こんにちは!kumajukuです。

 

今日は「勉強の才能」について書いていきます。

勉強(成績といっていいのかもしれません)に才能ってあるの?ってことです。

 

 f:id:kumajuku:20170321123427p:plain

この仕事をしていると、「勉強の才能」というのをよく考えますし、保護者や知り合いから聞かれることが多いです。

 

結論を言ってしまうと「勉強の才能」はあります!絶対にあります!

 

私は、いわゆる「スポーツ・芸術の才能」と同じと考えています。

水泳が得意な子・苦手な子、サッカーが得意な子・苦手な子、ピアノが得意な子・苦手な子…子どもが100人いれば、それぞれ100人分の得意分野・苦手分野があるのはあたりまえのことです。

同じように、国語が得意な子もいれば、数学が得意な子、はたまた勉強自体が苦手な子もいるわけですね。

 

しかし、「勉強」が厄介なところは、苦手でもやめることができないというところです。

 

スポーツや芸術なら、いやになればやめることも可能です。

「小学校の時は△△部だったけど、そんなに上手くはなかったから、中学になったら○○部に入ろう」とか、「小中学校ずっと体育系の□□をしてたけど、高校では文化系の部活に入ろう」など、よく聞く話です。

 

そうです。スポーツや芸術なら、「やめること」ができるんです。

 

でも勉強はやめることができません。

「国語が苦手だからもう勉強や~めた」「数学できんけん、もういいや!」などはできません。

いや、スポーツ推薦(私立なら専願・公立なら前期入試などですね)などで、厳密には可能なんですが、どっちにしても普通に受験するには5教科あるんですね!

 

保護者の方も、スポーツが苦手なら「別なモノをやってみたら?」などと言うのに、勉強に関しては「別の○○をやってみたら?」という方は少ないんですよね!

 

この続きはまたまた!