読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本の小さな小さな個人塾

熊本の小さな個人塾の日々

リビング勉強法!

 こんにちは!kumajukuです!

 

 今日は、「リビングでの勉強」について書きます。

 

f:id:kumajuku:20170325122951j:plain

 保護者の方との話で、よく出てくるのが「うちの子は、自分の部屋ではなくリビングで勉強するんですよ!どうしましょう…」という話です。

 保護者の方の立場としては、静かな自分の部屋で集中して勉強したほうが成績が上がるのでは?とお考えなのでしょうね。

 

 リビングで勉強するのは、全く問題ないと私は考えています。

 

 もちろん、スマホ・ゲーム機・マンガ・お菓子などを片手に勉強するのは論外ですが、リビングで勉強することによって、成績が下がる…などということはありません。

 

 しかし、1つだけ注意してチェックしてほしいのが、「集中しているか?」ということです。ザワザワと雑音があるリビングでの勉強中に集中しているか?という点を確認してください。

 子どもさんを呼び掛けてみて、反応がない・聞こえていない・何回か読んでやっと反応する…などの様子であれば、しっかり集中できているんでしょう。テレビの音にも反応しない…などの時間が増えてくれば、そこはすでに「勉強部屋」なんですね。

 

 自分で頭を使うくせがある人(あえて、成績がいい人ではなく)は、いつでもどこでも勉強ができます。テレビを見ていても、ボーっと見るのではなく、情報を整理して自分の頭の中にインプットする、ということを無意識に行っています。

 そんな頭の使い方ができる生徒さんを、一人でも多く育てたいですね。

 

 少し騒がしい方が集中出来る…という人は、少なからずいます。

 「リビング勉強」しているお子さんがいる場合は、チェックしてみてください。