読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本の小さな小さな個人塾

熊本の小さな個人塾の日々

挫折?後悔?

こんにちは!kumajukuです!

 

今日は、受験で合格できなかった…ということについて書きます。

(まぁ不合格のことですね)

 

f:id:kumajuku:20170321132624p:plain

この仕事をしていると、毎年の受験が楽しみでもあり怖くもあります。

結果が出たら出たで、嬉しさもあり、後悔もあり…

 

精一杯勉強してきた結果、合格できなかった生徒さんは身近なところに必ずいらっしゃると思います。

うちの塾も、過去には合格できなかった生徒さんもいます。

何よりも私の子どもも受験結果は不合格でした。

 

いくら「あぁこうすればよかった」とか「あの時こうしていれば」と思っても、結果が出た後ではどうしようもありません。

いくら「生徒さんは頑張ったんですが、こちらの力が足りずに…」などと言っても、結果が変わるわけではありません。

 

合格できなかったときは、本当に数日間は落ち込みます。(当然、生徒さんや保護者の方の気持ちを考えると、申し訳なさしかないんですが…)

 

だから、うちの塾では「どんな結果がでても、絶対に後悔しないように!」を合言葉に勉強してもらっています。

うちの塾では、受験校(進学先)には一切口は出しません。「AとBではどちらが子どもに合っていますか?」や「合格の可能性は?」などの質問には答えますが、受験校は、本人・保護者の方に決めてもらってます。

 

その際、合格が厳しそうな場合は、可能性を伝えたうえで、本人・保護者の方に腹をくくってもらいます。

結果をきちんと受け入れること!

胸を張ってみんなに報告すること!

絶対に後悔しないこと!      です。

 

腹をくくってもらったら、こちらも強烈な指導にでます。叱咤・激励あらゆる方法を使い、気持ちをこめて合格に向けて走っていきます。(当然、指導内容が一番大切ですよ!)

 

すると、最後の最後で伸びを見せて合格に結び付くことが多いんですよね。

 

 

あと、合格に結び付かなかった生徒さんへ!

 

高校受験の失敗は挫折でもなんでもありません。少しつまずいただけです。

君たちの未来には何の影響もありません。

別の高校に進んだとしても、取り戻すチャンスは何度でもあります。

 

もし後悔している人がいたら、受験したことを後悔してはいけません。

「努力が足りなかった」「体調管理が不十分だった」「気持ちが強くなかった」ことを、後悔ではなく「反省」しましょう!

後悔からは何も生まれませんが、「反省」からは「今後の対策」が生まれます。

「対策」をたて「実行」に移せば、それが成長につながります。

 

人間生きていれば、つまずくことは何度でもあります。

みなさんには他の人よりも、少しだけ早く、少しだけキツい形でつまずいただけです。

立ち直れとは言いませんが、前を向いて!

言い方は悪いけど、周りを見返す気持ちを持って!

 

数十年後には「あぁ高校受験悔しかったけど、かえって良かったかも?」と思えるようにしましょうね!